資格取得や転職サイト利用など転職を成功させる方法を教えます

看護師転職時に於ける職場選びの現状

看護師の転職時に於ける職場選びでは、慢性的な人材不足と高齢化社会を背景に、求人自体は全国各地で複数存在し多くの選択肢があります。そこで、その選択時には、仕事のペースダウン又はキャリアアップを目指す何れのケースでも、現在の世情も反映して、多くの方が個々のライフスタイルを尊重し、ワークバランスが図れることを重視するのが現状です。
そして、看護師の仕事は基本的に一度免許を取得すれば一生有効な特殊性があり、またその多数が女性であると云う現状からは、プライベートな生活の一方で仕事を続ける場合には、人生の中で幾度か働き方の調整も必要となります。その為、看護業界では以前から職場を変えることにハードルが低く、転職が頻繁に行われており、一生同じ職場で活躍することの方がむしろ少ないのが実情です。
そして、現在の転職時に於ける職場選びでは、確かに求人自体は豊富にあるものの、個々の希望条件を満たす特にワークバランスが良い案件は数が限られる傾向にあります。その為、それぞれに希望を定め、実際に新たな職場探しをはじめた際には、条件を適える案件をなかなか見つけられないことも少なくありません。
また、好条件の案件には募集が集中する傾向から、倍率が高い場合もあります。もっとも、看護求人では技能と経験が重視される為、公開求人情報の他に非公開情報も存在します。このことから、看護師の新たな職場選びでは、その経験を活かして、非公開情報を中心に求人をあたる方が多く、複数の求人媒体を介して個々の実情に沿ったより良い環境の職場を探す傾向にあります。

Comments are closed.